選りすぐりの釣りアジと大羽イワシをお刺身で楽しむ!

築地だったら、イワシもアジもお刺身で!

どうも。築地のサブちゃんスタッフSです。今日も晩酌のアテの話をしていければと思います。唐突ですがスタッフSは青魚のお刺身が大好きです。アジ刺し、イワシ刺し、サンマ刺しなど、脂ものっててしかも体にもいいとくれば、毎日でも食べたいですよね。でもスーパーで売っている青魚は加熱用が多く、お刺身では食べられませんし、たまにアジやイワシがお刺身で売っていても、量のわりにけっこうお高めだったりします。
そんな青魚ですが、築地であれば新鮮でお刺身で食べられるものがほとんど(築地のサブちゃん経由で生食用の鮮魚をご購入の場合は、念のため必ずスタッフまでお伝えください)で、なおかつ釣りアジ(定置網ではなく釣りで獲られたアジでストレスが少ないため味が良い)や氷締めで鮮度抜群の大羽イワシ(サイズが大きめのイワシ)など全国から選りすぐられたその時一番美味しい青魚が並んでいます!しかもお値段もアジやイワシであれば一尾200~400円程度で買える値付けが一般的!品質とコスパのバランスを考えれば、築地場外のお店でお値打ちに買えればそれに越したことはないと言えます。デパートでしか売っていないようなキチンとしたお魚が割安というのは築地の魅力です!

ただし、築地のアジやイワシは丸物で売られている場合がほとんど。ご自分でさばける方はもちろん、あまり経験がないという方も動画を見ながらやっていただくのがよいと思います。

アジもイワシもさばくのが難しい類の魚ではないので、そんなに変なことにはならないと思います!

あじ
いわし

どうしても、さばく手間がかけづらい場合はお店に三枚おろしをお願いするのも手です。お店が忙しいタイミングや、小さいお魚の下処理は受けていただけない場合も当然ありますが、築地のサブちゃんスタッフからお店側に交渉することは可能ですので、お気軽にお申し付けください!その際、お刺身で食べたいという場合はその旨伝えていただけるとありがたいです!写真にはありませんが、骨のところももらって揚げると美味しいのでほしい場合は必ず言ってくださいね!
この日は釣りアジと大羽イワシがお値打ちだったため、築地のサブちゃん業務の合間をぬって、自分用に買いました!

いわし
あじ

三枚おろしまでされている場合は、腹骨をそぐ、皮を引く、血合い骨を取るという工程だけでお刺身を食べることが可能です。皮は手で引けますので慎重にやれば特別な技術が必要でもありません。身をまな板に押さえながらやるといいですよ。イワシやアジは血合い骨も小さいので、あまり気にならない方は特に取らずに刺身にしてしまってもOKです。気になる方は包丁で切り落とすか、骨抜きピンセットなどで1本1本抜く方法があります。どちらもそんなに難しい作業ではありません。スタッフSは小骨がそんなに気にならないタイプなので、血合い骨は取らずに食べちゃうことが多いです。

いわし
あじ

あとはお好きな大きさに切って盛り付ければ(相変わらず盛り付け下手でスミマセン)一丁上がりです!上はイワシ一尾分、下はアジ二尾分となります。

築地のサブちゃんでは当日朝に実際に店頭に並んでいる商品の写真を配信するので、いいアジやイワシがいくらで入っているかを確認の上で購入することが可能です(売り切れの際はご容赦ください)!

もし、この記事を見て、久々にいいアジやイワシでお刺身を作りたくなってしまった方は築地のサブちゃんツイッターアカウントをフォローの上、入荷状況をチェックしてみてください!

サブちゃんからのおすすめ記事

どこで食べてもハモはウマい

どこで食べてもハモはウマい

どうも。築地のサブちゃん、スタッフSです!毎度のことながら、その日のお酒のおつまみを求めて、お仕事の合間に築地魚河岸を徘徊しているわけでございますが、今回は比較的王道な食材を取り上げたいと思います!そう。夏味覚でおなじみの鱧(ハモ)でござい...

まず、築地の新鮮魚介の写真をみてみましょう!

Share This