三栄商店様のムキエビがガチで有能すぎる

三栄商店様のムキエビはマジで便利だ

どうも。築地のサブちゃんスタッフSです!

築地のサブちゃんのお仕事をするようになってから、提携店舗様の商品をいろいろ食べるようになりましたが、その中でも一度買ったら「これは便利だな・・・」と思って、その後もついつい買ってしまう商品がいろいろあります。その中でも筆頭格が本日ご紹介する、三栄商店様のムキエビです。

ムキエビというと、スーパーや冷凍食品でよく見かけますが、なんとなく見栄えが良すぎたりして「お薬とかたっぷり使ってるのかしら・・・?」と、妙に不安な気分になったりもします。かといって殻付きのエビを買っていちいち剥くのも時間がないときは億劫だったりしますよね。

でも、ご安心ください。三栄商店様のムキエビはそのあたりの微妙なニーズを絶妙に突いてくれている、超有能な食材なのです・・・!

ムキエビ

三栄商店様は築地のサブちゃんでもおなじみの提携店舗様で、写真のとおりエビを中心にワタリガニやホタテ、イカなどの食材を扱っています。その中でもムキエビは超定番商品なので、ほぼ確実に店頭にて購入できる商品になります。
書いてあるとおり1パック320円(撮影時)と比較的お安く、添加物不使用というのもうれしいポイント。保存には海洋深層水が使用されているとのことで、ミネラルも豊富。こうしたムキエビがこの小ロットで購入できるのが三栄商店様のありがたいところ。築地のサブちゃんも最低購入金額(3000円)があるものの、お刺身などのメイン食材にこうした小ロット食材をいろいろ組み合わせて、利用されている方も多いですよ!

ムキエビ

スタッフSも築地魚河岸でのお仕事のついでにちょいちょいこちらのムキエビを購入して自宅の献立に活用しています。

ムキエビ

見ての通り、あの小さな袋の中には11尾のエビが入っています。使用しているのはお値打ちで美味しい、パナメイエビです。エビチリ、グラタンなど1人~2人の食卓で一品作るのにちょうどいい量なのでいいですよね。

ムキエビ

このムキエビ、さらにうれしいことに、背ワタがほとんどなく、下処理的なものがほとんど必要ないのもポイントです!エビと言うとどうしても背中に包丁を入れたり竹串を使って背ワタをとるのがめんどくさい作業になりますが、このムキエビにおいてはそんなこと気にせずさっと洗えばそのまますぐ使えます!冷凍でもないので、当然のことながら解凍の手間もいらず、袋から出すだけの時短食材です!

ムキエビ

というわけで、冷蔵庫にあった小松菜とエリンギと一緒に、三栄商店様のムキエビをささっと中華風に炒めて、今夜の一品としました!繰り返しになりますが冷凍ではないので変な水分が出たりすることもなくさっと火が通ってプリプリです!切った野菜とキノコと炒めただけなのにメインを張れる一品になるので、ありがたいです!普段使い食材の最右翼と言える食材ですので、皆様も築地のサブちゃんご利用の際にはついでにムキエビも是非お買い求めください!

築地専門の買い物代行サービス「築地のサブちゃん」は築地魚河岸提携店舗様の商品を皆さんの代わりに買って当日配送する買い物代行サービスです(毎週土曜日8:30~10:00・東京都中央区と港区限定)。
ムキエビに限らず美味しい食材を自宅までお届けいたしますので是非ご利用ください!当日いきなり注文するのが不安な方は、築地のサブちゃんスタッフへの事前相談・お問い合わせも大歓迎です。

★詳しい注文方法はこちらから→https://tsukiji.siile.jp/instruction/
★築地のサブちゃん提携店舗様の一覧と商品はこちらから→https://tsukiji.siile.jp/shoplist/

築地のサブちゃんでは毎週土曜日のサービスに向けて樋栄様の情報はじめ、提携店舗様、旬のお魚やその料理方法等などの情報をSNSで発信しておりますので是非築地のサブちゃんツイッターアカウントをフォローまたはLINEにお友達登録の上で、チェックしてみてください!

サブちゃんからのおすすめ記事

どこで食べてもハモはウマい

どこで食べてもハモはウマい

どうも。築地のサブちゃん、スタッフSです!毎度のことながら、その日のお酒のおつまみを求めて、お仕事の合間に築地魚河岸を徘徊しているわけでございますが、今回は比較的王道な食材を取り上げたいと思います!そう。夏味覚でおなじみの鱧(ハモ)でござい...

夏の味覚、石垣貝を食す!

夏の味覚、石垣貝を食す!

どうも。築地のサブちゃんスタッフSです。従前申し上げております通り、築地のサブちゃんスタッフSは魚介類大好き&晩酌大好きという生物でございまして、築地のサブちゃんのお仕事をしながら、常にその日の晩酌のネタを探しているという、不良社員でもあり...

何はともあれ初夏はシャコ

何はともあれ初夏はシャコ

どうも。築地のサブちゃんスタッフSです。以前から申し上げている通り、築地のサブちゃんには愛知県の知多半島出身者が何人か混ざっていてスタッフSもその一人です。知多半島でこの初夏の時期によく食べていたのがシャコです。シャコはちょっと原始生物っぽ...

まず、築地の新鮮魚介の写真をみてみましょう!

Share This